先輩が教えてくれた。式場選びの失敗談

もっといろいろな場所を見て回るべきだった!

結婚式場を決めるときに何件か目星をつけてから回ると思いますが、3つの会場を周るはずが1つ、もしくは2つだけになったということがあります。もちろんその場で説明してもらった式場の良さを知り、インスピレーションを感じたからここに即決するのもいいのですが、後日見積もりを見て後悔することもあります。式場によっては当日に仮契約すると費用が10万円以上下がるところもあり判断が揺らぎます。しかし、他を周ったからといってもう一度その式場に戻っても実際は何かと期間限定の割引をしてもらえたりするのです。ですので一番納得いく方法はとにかく時間の許す限り見て回ることだと思います。見積もりの比較も出来るので式場の魅力を知り、予算を冷静に考えた上で式場の決定をすると良いでしょう。

頼りになるのは、実際に挙げた人の声だった

式場を決定するのに参考にするものにブライダル総合サイトなどの口コミがあると思います。ただ、良いことばかりしか書いていないと決定するのは難しいですよね。地元で結婚式を挙げる場合、友人が同じところで挙げていると更に詳しく聞くことが出来ます。しかし、周りと被るのは嫌だからと全く友人の情報がない状態で式場を決めてしまうと思わぬ失敗があるかもしれません。雰囲気のみで選んだが、後から知人に話を聞くとこの辺りでは最高級を誇るところであり、サービスは良いが最終見積もりがとても高額になるという話を聞き予算に不安を覚えたといった話があります。近い友人に同じ式場で挙げた人がいなかったとしても、知人や友人の知人などから情報収集をすると間違いないと思います。

ブライダルフェアを神戸で探す際には、式場のホームページをこまめにチェックすることで、開催情報をいち早く把握できます。